スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

太鼓橋

トイレの基礎工事が終わり、大工さんは連絡橋の刻みが始まりました。材料はケヤキ材です。これがまたすごい。太鼓橋なので、床張りも大変ですし、厚さは約7センチほどです。屋根はやはりアールがついたものになります。この材料を見ると仕上がりがどんなものになるか、楽しみです。
屋根の部材です。
DSCF0466_convert_20150503215539.jpg
DSCF0467_convert_20150503215608.jpg
スポンサーサイト
ページトップへ
プロフィール

普門寺本堂再建委員会

Author:普門寺本堂再建委員会
平成二十一年十二月に原因不明の火災により本堂が全焼してしまいました。
再建委員の方々のお陰様で新本堂の完成は平成26年の見込みとなりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。