スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

紅葉

境内のモミジはだいぶ色づきはじめました。本堂は建具が正面の折り戸を残してすべて入りました。
また一段と本堂の趣きが増しました。訪れる方々は木の香りがいいとおっしゃいます。やはり日本には木の建築が似合います。せめて寺社仏閣の建築には伝統の建築様式を残していきたいものです。
DSCF0281_convert_20141124151455.jpg
蔀戸です。
DSCF0277_convert_20141124151644.jpg

DSCF0284_convert_20141124151552.jpg
スポンサーサイト
ページトップへ

漆喰壁

今日で壁塗りが仕上がりました。見事な出来映えです。漆喰の白さが実にいい感じです。
大工さんの仕事も浜縁の欄干の取り付けを残すのみとなりました。いよいよ本堂工事も
ラストスパートというところでしょうか。足場や道具類が片付けられていくのはさみしい感じです。
左官屋さん大変ご苦労様でした。
DSCF0532_convert_20141112225312.jpg
格天井と漆喰壁
DSCF0530_convert_20141112224708.jpg
ページトップへ
プロフィール

普門寺本堂再建委員会

Author:普門寺本堂再建委員会
平成二十一年十二月に原因不明の火災により本堂が全焼してしまいました。
再建委員の方々のお陰様で新本堂の完成は平成26年の見込みとなりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。